よくある質問

よくある質問コーナー

 

成年後見サポート W.Coあうん 福祉クラブ生協 あなたの後見人になります成年後見制度やあうんのサポートに関するよくある質問Q&Aです。

 

 

Q1 成年後見制度ってどんな制度ですか?

A1 判断能力のない方に代わり、後見人が契約事務を行ない、安心して生活できるよう支援する制度です。すでに判断能力が減退した方の後見人を家裁が選ぶ「法定後見」と、元気なうちに本人が後見人を決めて契約しておく「任意後見」に分かれます。

 

Q2 成年後見の申立てができる人は?

A2  本人・配偶者・四親等内の親族市町村長などに限られています。任意後見契約を結んでいる場合は、後見人受任者も申立てができます。

 

Q3 成年後見人はどのようなことをするのですか?

A3 後見人は本人の財産を管理したり、契約などの法律行為を本人に代わって行ないます。ただし、車での送迎、買物などの事実行為は成年後見人の職務ではありません。必要に応じて手配をします。

 

Q4 身元保証だけでも契約できますか?

A4  個別契約はお受けできません。総合支援契約を結んだ場合でも審査があり、原則、預託金を申し受けます。入院の場合は予想される金額をお預かりします。

 

Q5 死後事務委任単独の契約はできますか?

A5 個別契約はできません。総合支援契約のうち生前契約のみを結んだ場合は、あとから追加で契約できます。その場合、契約金は70,000円(税別)となります。

 

Q6 死後事務委任契約とは、どのようなことをするのですか?

A6 遺族への連絡、埋葬、公的機関への諸届、遺品整理などを行います

 

Q7 死後事務委任に関する費用の清算はどうするのでしょうか?

A7 総合支援契約預託金残金預託金では足りない場合、遺産で清算することもあります。相続人が確定されない場合でも、常識的な範囲であれば問題ないとされています(判例あり)。

 

Q8 任意後見発効後の費用はどうなりますか?

A8 任意後見発効後は、身上監護も日常財産管理も時間で請求することはなく、月額20,000円(税別)と交通費などの実費で必要な支援を行います。さらに、任意後見監督人への報酬が発生します(報酬額は財産状況に応じて家裁が決めます)。

 

Q9 法定後見を依頼できますか

A9 2016年、福祉クラブ生協は初めて法定後見を受任しました。福祉クラブを法定後見人候補として申立てを行うことが可能となります。ただし、法定後見人の選任は家庭裁判所が決めますので、必ずしも福祉クラブが法定後見人を受任できるとは限らないので、まずはご相談ください。

 

Q10 契約者に損害を与えた場合の損害賠償は

A10 賠償保険に加入し、賠償金を支払う契約となっています。担当者はサブ担当と2人で対応し、万一にも利用者さんが損害を被ることのないよう努力しています。

 

「PDF版ここから」